05 月<< 2018年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のちから

先日、次男の中学校の人権参観日で、講演会がありました。

今年は、いつもと違い『どこかの偉い先生』のお話しではなく『コンサート&講演会』という案内で
向井 浩二さんというアーチストの方のお話し&歌でした。

IMAG0080.jpg

向井浩二さんは、松山市出身の32歳のとっても、感じのいい人でした。
小柳ルミ子さんや伊東ゆかりさんのヴォイス・プロデュースを担当していて、平尾昌晃ミュージックスクール新所沢校の校長先生でもありました。

1時間のライブの中に、ご自身の夢に向かって生きてきた過程を話されました。
次男は、中学三年で、進路についてとても悩んでいます。
何かを感じてくれたら。。。と、次男の顔をみながら歌も聴いていました。

大人の私たちにも感動する声と歌。
とても癒された時間でした。

大三島には、ご親戚がいらっしゃるらしく何度が来たことがあるということで、ご縁を感じました。
すごく明るく、前向きで、まだまだ夢に向かって生きるパワフルな人でした。

夢に向かって歩き出したときから苦しみも沢山訪れる。
楽しいことばかりじゃない、しんどい事の方が多いかもしれない。
でも、夢をもつ事が大事。
今なくても、いい。
ないってことは、沢山の選択肢があるってこと。
好きなことを求めて行くと、必ず道は一本になり、知らず知らず『そこ』に向かって歩いている。

優しく・力強いエールでした。

IMAG0082.jpg

最後は、全校生徒との記念撮影。(中央が彼です)

私も次男もファンになり、彼の歌を口ずさむ夕食時は楽しいです!(三男がちょっと疎外感!?)
人は、人によって勇気づけられたり、笑顔になったりするのだと、改めて感じました!!
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。