12 月<< 2015年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬戸内の真ん中に暮らす私たちには、橋は自然の景色の一部です。
島と島をつなぐ橋。
私は、毎日この橋を渡って仕事場へ向います。

DSCN6725.jpg


多々羅大橋

IMG_0184.jpg


愛媛県と広島県を結ぶ橋です。

DSCN3043.jpg

橋もその時々で色も雰囲気も違います。
一番身近にあるこの橋は、あたりまえの様に生活の一部になっているのですが、あらためて見ると、
とても美しく大きく存在感のある素晴らしいものだと気づかされます。

DSCN1134_2.jpg

先日、三男が日曜日に友達と遊びにでかけました。
帰って来て『今日、何して遊んだん?』と聞くと、『みんなで(自転車で)多々羅大橋を渡った〜』と。
贅沢な遊びだな〜と思いつつ、自然の中で育つ子どもたちの胸の中にも『ふるさとの景色』としてこの橋が焼きついていくのだな。。。と思いました。

DSCN4237.jpg

島で暮らす。。。
それは、橋を日常の一部として記憶に残すことなのだと感じます。

IMG_0608.jpg

〜しまなみ〜 ほんとに、素晴らしい場所です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。